医療レーザー脱毛に使われている機械にはいくつかの種類があります。医療レーザー脱毛で現在主流になっているのはダイオードレーザーです。ダイオードレーザーは半導体を利用してレーザーを発生させるもので、冷却装置が内蔵されているので皮膚のダメージや痛みが少なく、ジェルを塗る必要がありません。出力が高くうぶ毛も処理でき、また色素沈着のある肌でも脱毛ができます。メラニン色素の多い黄色人種である日本人の肌に向いた機械です。医療レーザー脱毛で次に多く使われているのはアレキサンドライトレーザーです。これはアレキサンドライトという宝石を使ってメラニンにのみ反応する波長のレーザーを発生させるもので、照射範囲が広く、美肌効果もあるのが特徴です。YAGレーザーは最も波長が長く、メラニン色素への反応が一番弱いので脱毛効果も弱くなりますが、その分皮膚への深い部分に熱が伝わり肌への影響が少なくなるため、日焼けした肌や色素沈着のある部分にも使えるのが特徴です。

大人ニキビに悩む人のためのコスメ誕生